小林まこと後援会|マニフェスト進捗状況


title-1.gif

はじめに

p_face2.jpg 平成21年10月の八戸市長選挙において2期目のマニフェストを掲げ、そして市民の皆様の信任をいただき、市政に携わってまいりました。2期目の市政運営にあたりましては、私が約束したマニフェストの実現のため、第5次八戸市総合計画後期推進計画を1年前倒しして策定し、戦略プロジェクト等の重点施策としてマニフェスト施策を位置づけ、この3年間その実現に向けて全力で取り組んでまいりました。

 昨年11月には、任期4年の前半2年間の総括として、「マニフェストの進捗状況~2期目2年間の中間報告~」を示しましたが、その後の1年間の進捗を踏まえ、この度、「2期目3年間の進捗状況」を取りまとめたものです。

 マニフェストは、「安心・安全社会の実現」、「さらなる活力創出」、「新たな行財政改革と住民参画」の3つの柱をもとに、24のマニフェスト項目、100の施策、11の数値目標を掲げており、この度の報告は、以下に掲げますとおり、①100の施策の実施状況、②11の数値目標の達成状況、③24のマニフェスト項目ごとの市民満足度という3つの観点から取りまとめを行っております。

 マニフェストに掲げました100の施策につきましては、おおむね実施できておりますが、11の数値目標につきましては、マニフェスト施策の推進により着実に効果が表れているものがある一方で、東日本大震災の影響や全国的な景気の低迷等により、4年間での目標達成に向けてハードルが高いものもあります。また、24のマニフェスト項目における市民満足度は、平成21年度と比較して、全ての項目で数値が上向いております。私といたしましては、この3年間で、当市の前進・成長の大きな起爆剤となる事業を手掛けることができているものと考えております。

 市民の皆様には、この進捗状況報告をご覧いただき、これまでの3年間の市政運営に対しご意見等をお寄せいただければと考えております。また、2期目の仕上げとなるこれからの1年間の市政運営につきましても、市民各界各層のお知恵をお借りしながら、市勢の発展と市民生活の向上のため、マニフェストの実現に向けて全力を尽くしてまいりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

八戸市長 小林 眞